年末に医療費控除を集計しようとしている頑張り屋のあなたに

医療費集計フォームが変更(簡略化)になっています。気をつけて下さい

医療費控除の添付書類が変わりました

改正点① 

「医療費の領収書」の提出又は提示が不要

改正点② 

「医療費控除の明細書」の提出が必要

  1. 「医療費の領収書」は5年間自宅等で保管する必要。
  2. 所定の事項が記載された「医療費通知」(医療費のお知らせなど)を提出する場合は明細書の記載や領収書の保管を省略することができます。

    2を詳しく見ると、「医療費通知」(医療費のお知らせなど)を添付する場合、「医療費通知」に記載された医療費の合計額を医療費控除の明細書に記載することができます。※医療費通知とは、医療保険者が発行する以下の全ての事項が記載された書類をいいます。(後期高齢者医療広域連合から発行された書類の場合は③を除く)
    ① 被保険者等の氏名
    ② 療養を受けた年月
    ③ 療養を受けた者
    ④ 療養を受けた病院、診療所、薬局等の名称
    ⑤ 被保険者等が支払った医療費の額
    ⑥ 保険者等の名称
    (注)全ての事項の記載がない通知は「医療費通知」として利用できませんので、医療費の領収書から「医療費控除の明細書」に記入してください。

国税庁ホームページ

医療費集計フォームの様式が変更になりました

明細の簡略に併せて、すげーいろいろ書かなければならなかった医療費集計フォームの様式が変更になりました。具体的には、支払年月日、続柄、治療内容等、病院所在地といった細々とした項目の入力が不要になりました。

平成29年の医療費集計フォームはこちらからダウンロードできます